So-net無料ブログ作成

全く乗らないZ125と失った翼のごとき大型バイク [バイク]

Z125proにはほぼ載っていません、、4月購入なので半年たちましたが500km行ってないです。

Er-6fを色々考えて、手放したのだけど、とっても後悔しています。
羽をもがれた鳥の様に、、どこへも行く気がしない感じです。

自分はあのバイクが大好きだったのだ。

・・大切なものは失ってから気付くというやつです。 ロ~ンリ~~

バイクを愛でるということはしなくなった。休みの日に洗ったり、手入れしたり、整備したり
次は何をつけようか?高速へ乗ると楽しくないから、どのコースをとおろうか?帰りは疲れるから高速でとか
選択肢もなくなってしまった。

タンクを挟んで、フルカウルに体をあづけるように乗れる感覚がもちろんZ125にはない。
全くない。だから、乗ろうとおもわないのだろう。気持ちがわかない。

最近は大型がほしくて、中古サイトばかりみている。
候補はやっぱり、フルカウルがほしい。しかも1眼がいい。
でも、ツインはもう散々乗ったし、次も同じだと手放した意味がさらさらないので
4発がほしいなぁ・・とか。

候補はね

続きを読む


タグ:XJ6F
nice!(7)  コメント(3) 

Z125pro リアキャリア装着レビュー [バイク]

純正では発売されていないZ125のリアキャリアですがK-styleさんから出ているのでは
先日、お伝えした通りなのですが、私の家にも7月中旬に届きました。
DSC_0100.jpg

早速つけようとしたのですが、説明書が矛盾していて、、、メーカーにもどちらが正しいのか
問い合わせたのですが、「ご指摘ありがとうございます」みたいな感じで、正式な回答がありませんでした。
ステーと荷受けの差込位置がマニュアルでは上に差し込んでいるものと下に差し込んでいるものが
隣り合って、記載されており、どちらが正しいのか?という疑問でした。

全然違いますしね・・・・強度や安定性が・・・。

自分なりに正しいだろうというほうで付けましたが、今のところ、箱もステーも脱落していません(笑

あと、もう1点。リアの元からあるLEDテールランプの上側の防水カバーを外してつけるのですが
最後まで、つけなおさないんです。水に濡れるんじゃない?とおもい、質問しました。
DSC_0101.jpg

それには正式に回答があって
「水漏れ、濡れはしにくくて、濡れても大丈夫な箇所です」

回答でした。いや、絶対、水はいると思うんですけどね・・・。大丈夫だというのだから信じるしかないです(^^;

ではレビューです。

続きを読む


nice!(17)  コメント(4) 

Z125pro 本日1か月点検予定日ですが [バイク]

360kmほどしか走行していない(--;
DSC_0042.jpg
そのほとんどは前回のツーリングで走った距離という、乗らなさすぎる現状に自分らしさを感じる(><;

6fのときは慣らし運転気を付けていたけれど、このZ125は前回のツーリングでも
7000回転とか普通にだしていたし、、、まぁ、その愛情の差なのかな、、ゴメンヨ、ぜっくん。

最近のエンジンは加工精度も良いからとか、適当な言い訳を脳内でしています。
予定日もショップが決めた日だし、だいたいがあのお店好きではないのでいいよね、、うん。
たぶん、初回いったら、もういかないとおもうしね・・PALS(--;

せめて1000km近くは走ってから、点検にいきたいのだけれど、どうしたものかと・・
Kawasakiによる初回点検期日は50日以内と描いていたので(この期間でなくては保証が受けれない)
来月に延ばすことに決定。

もう1回くらい200km近いツーリングへ行かなくてはね~。
6fのように軽快に走れるわけではないので、遠距離に行く気があまりしないのだよ、ワトソン君。
まぁ、晩年6fでも行かなかったものを行くかというと、体が追い付かないのが現実である。

もう齢47になってしまったのだから。長生きしてるなと自分では思う。
親父は52で他界したので、あと5年か・・・などとおもったりするのはやはり息子だからか。

近所の買い物や今までは自転車で行っていた図書館やイオンへはぜっくんでいくようになりました。
気軽の出せるので。ただ、ヘルメットロックをワイヤー型にしたので、メンドクサイです。

あと、リアキャリアがまだでないので、不便です。でたら、速攻でつけるんですけどね(^^)>

というわけで、今日はツーリングへいけずに、否、いかずに家族とバーベキューにいくのでした。

まる、


タグ:Z125
nice!(15)  コメント(2) 

カワサキ Z125pro の積載を考える。 [バイク]

はい、こんにちは。先日、購入したZ125です全くといっていいほど、荷物が載せれません。
ちなみにタンクカバーはプラスチックなので、マグネット式のタンクバックもつけれないです。

気軽に買い物にいけるけれど、荷物つめないのでは、、辛い。
毎回リュックサック背負うのもぷちつーいくと疲れそうだしというわけで、改良です!!

改良するにあたって、後悔したことを先に。
ER-6fのオプションパーツ、はずしておけばよかったよ~(涙
つかえそうな汎用品、結構、積んでいたので、、、、もう一度買うのはちょっと嫌。

なので、あるもので、いろいろ流用してみました。

リアにはフックというものが一切、存在しないZ125です。
DSC_0015.jpg
本当に、荷物載せることなど、一切考えないデザインです。 (前回の写真を流用)

そこで、調査しました。
DSC_0016.jpg
みっけw

この2本のボルトの位置になぜに、フックつけてくれないのかな?カワサキさん。
とおもわず呟きました。

ボルト径は6mmです。

作業開始!!

続きを読む


タグ:Z125pro
nice!(7)  コメント(4) 

ドナドナ さらば愛しのMyバイク [バイク]

2008年4月に購入し、2016年4月、本日、彼は私の元を去りました。
8年間、ありがとー!!無事に運んでくれて、本当にありがとー!!
不甲斐ない相棒ですまない。

初日に来た買取り業者に販売しましたが買取価格は1割以上下がりました。
22+消費税→20ぴったりになってしまいました(LOL)ガックシ
過去に1度、転倒もしているしね。それをふまえれば仕方あるまい。

だけれど、8年載って不人気車でこの価格なら、文句はありませんでした。
最後まで判断が悪くて情けない相棒だった。


DSCN7045.jpg
DSCN7044.jpg

さようなら、本当にさようなら。
DSCN7042.jpg
次の人にもかわいがってもらうんだよ
DSCN7037.jpg
2007年モデルKAWASAKI ER-6f 愛称:ベルナ

続きを読む


nice!(7)  コメント(3) 

今月車検ぎれのため、新車見積もりをとったところ。 [バイク]

お久しぶりです。ご無沙汰しております。
私のER-6fが今月で車検切れとなります。
DSC00022.JPG

仕事もほぼなく、収入が少ないので、手放そうまたは維持費のかからない125に乗り換えようと
Goobikeで見積もりを先ほど取りました。

そう、先ほど。

というのも驚いたからです。怖いですね・・。

 

続きを読む


nice!(5)  コメント(3) 

Z125が気になるお年頃。 [バイク]

もちろんER-6fが最高に大好きだ。だけど、これは所有欲にしか過ぎないことが
DSCN6682.jpg
この2年でわかった自分がいる。

「この青い大型バイクをいつでも乗れる」

ロングツーリングに全くといっていいほど、行かないのにこれが必要なのか?と妻に耳元で
囁かれている・・・・きがするw

今年は車検で、さすがにもう10年が近づくとパーツ交換も増えるだろう。
通常の車検代5~6万では済まない気もする。

乗らないバイクにお金をかけるのか?と問われると、口ごもるしかない。
乗るには載っているのだ。隣の町への買い物とか息子のボーイスカウトの送り迎えとか・・だけだが。

そこで、公表されたZ125
kawasaki-z125-pro-masmoto_01.jpgとても可愛い。デザインがかわいい。好みである。
2台目にほしいとおもうけど、必要はない。2台もいらない・・・近場ならZ125だけでよい。

乗り換えるべきか、、、しかもそれには30万以上のお金がかかる・・・ほぼ載らないバイクに
そんな大金を・・・・しかし、大型バイクの維持費もやぶさかではない。

バイクを降りる?それはない。死ぬまでないといっても嘘ではない。

大型バイクで岬を走る爽快感を忘れられない。大好きな丹後半島を果たしてZ125で走っても
楽しいと感じられるのだろうか?疑問は絶えない。まぁ、高速に乗れないのも乗ってもいないのに
危惧するところだったりと贅沢な悩みもある。(現状、危惧する必要もないのだが)

ん~~・・・・いまの自分に大型バイクを所有する資格があるのかと問うと「無い」と断言できる。
ろくに稼ぎもしないのに、、仕事がないのに贅沢すぎる代物だ。

と考えると大金をはたいてZ125なんて買えないだろう?という結論に至るわけだが・・・
しかし、バイクは降りたくはないのだ。

そんな中高年、そこそこいるのではないかなぁ・・と不景気の波に翻弄されながら思う
今日この頃。


タグ:Z125
nice!(11)  コメント(5) 

第5回 自作LEDテールランプへの道~LED電装MINI知識~ [バイク]

いざ自作をしようとすると材料をそろえなければなりません。

その時に「あれ?」とおもったのです。

最初に4つ足のFluxLEDの注文の体験談です。
~その1~

FluxLED.gif

4つ足には「切りかけ」があり。そこを基準に極性を判断します。
裏側で水平に端子がつながっていて、どちらの極性につなぐか、配置によって2通り選べ
半田をつけやすいラインを選ぶこともできます。

ただ・・・よくある中国製とかですと、、私が最初にみたサイトでは切りかけがプラスで表記されていたので
てっきり、届いたものも切りかけがプラスだとおもって、実際にテストすると全く点灯しませんでした。

・・・これは・・・もしや、不良品?とおもいましたが、早計かとおもい、今度は切りかけをマイナス側にして
試してみると、無事点灯!なんてこともあります。

掲載していたサイトの誤植かもしれませんが、自作の際は気を付けておくといいかもです。
試験せずに、半田づけした後、気付いても後のまつりですゆえ・・・。

~その2~
電気はプラスからマイナスへ流れます。
そこで整流器(ダイオードとかも)というものがあります。電流を1方向のみに流す安価で便利なものです。
結線した場所などから戻ってきたりすることがありません。
抵抗.jpg
線が入っているほうがマイナスです。つける際に方向を間違えると電気が回路へ流れませんので
お気をつけて。プラスから流れるので横線のあるほうはプラス電極から反対向きに設置となります。
(極性のないものもあるそうですがなくてもあるようにつければ間違いを抑止できるはずです)

~その3~
抵抗です。抵抗には極性がありません。どっち向きにつけても良いそうです。
(例外があったら、すいません・・不安な場合は足の長いほうをプラスと考えて設置してみてください)
抵抗1.jpg
ただ、種類(Ω数)がたくさんあるので、どれが何Ωかわからなくなったりします。その時のために
この多数の横線。

色が違いますよね?この色を足していくと・・・これが何Ωの抵抗かわかります。
ちなみにこれは91Ω

・・・・・・。

色ごとの計算式は・・・各自で!!(--;

~その4~
LED砲弾型とか・・・(これもダイオードなんだけど)
砲弾1.jpg
足の長さが違います。基本、長いほうがプラスなので、間違えないように配置しましょ~。

~その5~
イルミLED.gif
回路図などでよくあるこの▽と線ですが、線のほうがマイナスを表しています。
悩んだら、こっちがマイナスだな!と指差してやりましょう。

 

続きを読む


nice!(13)  コメント(2) 

第4回 自作LEDテールランプへの道~素人からはじめるLED~ [バイク]

週末に材料調達が間に合ったので、作業を続けることができました。
毎度、思うのですが、材料費は僅かなのに配送料が材料費の1.5倍いくという自作事情に涙が出ます。
近くにお店があればいいのに・・・シクシク

最終テストを行い点灯を確認したのち、グルーガン(ホットボンド)で端子や配線を固めていきました。
純正のテールランプユニットに穴をあけたくないので、やはり基盤もホットボンド頼み、、熱で溶けるかな(^^;
純正テールをつけていたのも同じくホットボンドだったので、大丈夫と信じたい。(融点が違ったらショック)

できるだけ光量がほしいので照射面以外には反射加工しました。アルミホイルや銀フィルムで。
DSCN6135.jpg
まぁそれないりにいけたとおもうのです。オプションです。

実際の赤い純正テールライトのカバーにはめ込みテスト(常時)
DSCN6138.jpg
見事に円形配置X2のLEDが見えて、ご満悦です。
DSCN6139.jpg
STOP時も4倍の光量でばっちりかとおもいます。(カメラが勝手に光量を絞るのでUP用に補正しています)

んで、余った基盤で前回つくったGIVI箱用STOPランプも取り付け。

続きを読む


nice!(8)  コメント(4) 

GIVI E33箱用 自作テールランプ作成ちゅ [バイク]

基盤とLEDと抵抗が少し余ったので、ずっと使っているGIVIのE33ケースに
テールランプを作ることにしました。

1個目の自作と違い、2個目ともなると、慣れてくるのか、すごく適当に組んでも
動作したりします。

設計図・・
DSCN6108.jpg
結線動作テスト
DSCN6109.jpg
LEDが残り2個しかないので、抵抗の計算も少し変わります。DSCN6110.jpg
仮組して、はんだづけして基盤まで完了。

んで、いざ配線コードをつなごうと思うと・・・

 

続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。