So-net無料ブログ作成

帰ってきたなんちゃってヤンキー [児童公園ヤンキー]

ゼファーに乗っているヤンキー自ら警察を呼んだ事件から、家の前の公園には来なくなった
なんちゃってヤンキーですが、つい先日からまた来ているようです。

嫁さんが朝の犬の散歩にいくと公園はひどいゴミ屋敷状態だったとか。
私が夕刻に散歩に行くとゴミはなかったので、どなたかが清掃したのでしょう。
散歩から帰るとヤンキーが座っていたのは見ましたが、家の前にバイクも停まっていないし
関わりませんでした。

子供も夜半そろばん教室から帰ってくると開口一番
「怖いから、すぐに家に入った」と告げました。

「どうしたの?」ときくと、
「またあのお兄ちゃんたちが公園でたばこ吸ってたから」
「危ないから、すぐに家にはいってん」

親としてはどうするのが一番正しいのでしょう?
この小さな児童公園に集まり、子供たちをよりつかないようにし、占有する
なんちゃってヤンキーシリーズは私とのあれこれで終息したのかと安心していたのですが・・。

少し離れた公園をゴミだらけにしているのは知っていたのですが、そこでは私は関わっていません。
(そこでも親切な方が毎回、掃除をされているようでした、次の日にはなくなっていたので)
私も正義の味方をきどるわけではないので、手の届く範囲で周りの子供たちを守る意味で
家の前の公園のみで注意をしておりました。

警察には「直接注意をすると、どんな被害が及ぶかわからないので、毎回連絡するように」と
指示を受けました。私はもとより、家族や家財にと言われるともうひくしか選択はありませんでした。
連絡したところで、警察は一時散らすだけで補導もなにもしないので、繰り返しになるだけです。
(経験上)

今考えているのは家から公園は良く見えるので、望遠を使い、写真やビデオで証拠をとり、
高校は1校しか特定できてませんが、そちらへ赴き、生徒指導の先生と話をつめる。
そして、残りのヤンキーは中学の同級生らしいので中学校へ行き、先生に確認をとる。

そして、進学先の高校へ行き、写真とビデオをみせ、後を相談する。

正直、ここまではしたくありません。

彼らも高校を停学になったり、退学になると未来が暗くなるだろうから。
まぁ、今は若いのでそれがどれだけ人生を左右するか、わからないでしょうが・・・。

さて、敵になるなら徹底してたたくのが、いいかと考えてはいるのですが、
時間は余るほどあるわけですから(笑

考えればこの方法でも家族が危険になる可能性があるわけで、ゆえにこれ以上の良策を思案しるべきですよね。

しかし、この寒波で寒い中、よくあの野外に夜中までたまれるなぁとおもいます。
よほど、親が怖いのか、他の本当のヤンキーが怖いのか、指導員が怖いのか、、とても哀れです。
ゴミを捨てても、公園は殴り返してこないわけですし、、小学生っが怒ったところで負けないだろうしね・・。
弱いものにしか見栄を張れないがなんちゃってヤンキーたる所以なのです。


nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Z125が気になるお年頃。 [バイク]

もちろんER-6fが最高に大好きだ。だけど、これは所有欲にしか過ぎないことが
DSCN6682.jpg
この2年でわかった自分がいる。

「この青い大型バイクをいつでも乗れる」

ロングツーリングに全くといっていいほど、行かないのにこれが必要なのか?と妻に耳元で
囁かれている・・・・きがするw

今年は車検で、さすがにもう10年が近づくとパーツ交換も増えるだろう。
通常の車検代5~6万では済まない気もする。

乗らないバイクにお金をかけるのか?と問われると、口ごもるしかない。
乗るには載っているのだ。隣の町への買い物とか息子のボーイスカウトの送り迎えとか・・だけだが。

そこで、公表されたZ125
kawasaki-z125-pro-masmoto_01.jpgとても可愛い。デザインがかわいい。好みである。
2台目にほしいとおもうけど、必要はない。2台もいらない・・・近場ならZ125だけでよい。

乗り換えるべきか、、、しかもそれには30万以上のお金がかかる・・・ほぼ載らないバイクに
そんな大金を・・・・しかし、大型バイクの維持費もやぶさかではない。

バイクを降りる?それはない。死ぬまでないといっても嘘ではない。

大型バイクで岬を走る爽快感を忘れられない。大好きな丹後半島を果たしてZ125で走っても
楽しいと感じられるのだろうか?疑問は絶えない。まぁ、高速に乗れないのも乗ってもいないのに
危惧するところだったりと贅沢な悩みもある。(現状、危惧する必要もないのだが)

ん~~・・・・いまの自分に大型バイクを所有する資格があるのかと問うと「無い」と断言できる。
ろくに稼ぎもしないのに、、仕事がないのに贅沢すぎる代物だ。

と考えると大金をはたいてZ125なんて買えないだろう?という結論に至るわけだが・・・
しかし、バイクは降りたくはないのだ。

そんな中高年、そこそこいるのではないかなぁ・・と不景気の波に翻弄されながら思う
今日この頃。


タグ:Z125
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。